ゴルフで必要な筋肉

ゴルフをされる方で飛距離を伸ばしたいという方は多いですよね。実はゴルフをするにも体を鍛えることは重要なのです。自宅でももちろんトレーニングは可能ですが、スポーツジムを使えばより効率的に体を鍛えることが可能です。それではスポーツジムではどのようなマシンを使用すれば良いでしょうか。

腹斜筋ゴルフの飛距離を出すうえで欠かせない筋肉は「腹斜筋」です。腹斜筋とはわき腹の筋肉のことで、こちらを鍛えることで捻り戻しが強くなり、ヘッドスピードがアップするのです。ゴルフは腕でスイングしているように見えますが、実はうまい人ほど腕や肩に力は入れていません。また、腹斜筋以外にも必要な筋肉がありますので、下記のマシーンでまとめてトレーニングするのがおすすめです。

まずはロータリートーソです。体をひねるように作られたマシーンで、これによって腹斜筋や腹直筋を刺激することが可能です。椅子の高さをしっかり調整し、パットが肩にしっかりフィットするようにしましょう。

次にハイプーリーです。負荷がかかったバーの上下運動をすることで、肩甲骨周辺の筋力を強化することが可能です。肩甲骨周辺の筋力はスイングのパワーを高め、インパクトを強めるために必要になります。

フロントラットプルダウンも実践しましょう。ハイプーリーに似ていますが、こちらも負荷のかかったバーを上げ下げさせるマシーンです。鎖骨の周辺に向かってバーを引き寄せることで、背筋が鍛えることが出来ます。背筋は遠心力を強めるのに必要となります。

ゴルフの飛距離を伸ばすには、体作りが大切です。ゴルフがない日にいかにトレーニングをするかで飛距離やスコアの伸びが変わってきますので、悩んでいる方は是非スポーツジムに通ってスイングに負けない体づくりに励みましょう。

ゴルフスクールで上達

自分のゴルフを客観的に見てもらったことはありますか?飛距離に悩んでいる方は知らず知らずのうちに癖がついていることがあります。そんな時にはスポーツジムで実施しているゴルフスクールで通うのがおすすめです。それでは、スクールではどのようなレッスンをしているのでしょうか。

ゴルフ
画像出典 〈MEGALOS / スポーツジムのゴルフスクール

スポーツジムで実施しているゴルフスクールは基本的に室内が殆どで、ゴルフレンジや、シミュレーションスクリーンなど型式は施設によって様々です
内容は基本的にスイングの習得、フォームのチェック、アプローチテクニック、飛距離アップ等をグループレッスンや個人レッスンで行います。また、スポーツジムで体を知り尽くしたスタッフだからこそ、体に優しいスイングの方法や体幹の強化についても教えてくれるので、ゴルフに必要な基盤づくりが可能です。

ゴルフスクールで客観的に自分のフォームやスイングを確認してもらうことで、自分の癖や飛距離が伸びない理由を知ることができるので、実践の際にその部分を意識してゴルフを行うことが可能です。また、スクールのついでに筋トレを行うことができるのもスポーツジムのメリットと言えます。

ゴルフを趣味でしている方は独学や自己流で始めた方が殆どだと思います。その場合、伸び悩んだ場合の対応が難しいため、是非ゴルフスクールで原因を見つけて飛距離やスコアを伸ばしましょう。不安な方はまずは体験から始めるのがおすすめです。

飛距離を伸ばすために

飛距離を伸ばしたい―。ゴルフをする方なら誰しもが感じることです。しかし、そうはいっても簡単に伸ばせるものではありません。接待ゴルフや友人とのゴルフでかっこいい姿を見せたい。その為にはどうすれば良いのでしょうか。

自己流でゴルフをされている方はマニュアルを読んだり、動画を見て研究をして実践するかと思います。しかし、自分がゴルフしている姿を見る機会はなかなかないですよね。その為、マニュアルや動画と同じように出来ていると思い込んでいるだけで、実際はフォームが正しくなかったり、癖がついていたりすることが多いです。

飛距離そんな時にはスポーツジムやゴルフスクールで自分のゴルフを見つめなおすことも飛距離を伸ばす一歩になります。客観的に自分のゴルフを見てもらうことで、自分の癖やフォームの間違いを正してくれるため、自分では気づくことが出来なかった原因が分かり飛距離アップに役立ちます。また、飛距離以外のことについても同時にレッスンして貰えるため、総合力が身につくため、特に自己流でゴルフをされている方にお勧めです。

また、飛距離が出ない原因の一つに必要な筋肉が育っていないという場合もあります。ゴルフで重要な筋肉は腹斜筋などがありますが、スポーツジムでマシーンを活用することで効率的に筋力をアップすることが期待できます。自宅での筋トレは負荷をかけにくいので限界がありますが、マシーンを使えば負荷をかけながら特定の筋肉を鍛えることが可能なため、必要な筋力がアップし、飛距離を伸ばすことにつながります。

本気で飛距離を伸ばしたいと考えている方は、スクールマシーンを使った筋トレを併用することでさらなる飛距離アップが見込めるでしょう。飛距離が伸び悩んでいる方のために、少しでもこの情報がお役に立つことが出来れば幸いです。